太陽電池

開放特許情報番号
L2015001751
開放特許情報登録日
2015/10/23
最新更新日
2015/10/23

基本情報

出願番号 特願2014-036097
出願日 2014/2/27
出願人 日立造船株式会社、国立大学法人京都大学
公開番号 特開2015-162529
公開日 2015/9/7
発明の名称 太陽電池
技術分野 電気・電子
機能 材料・素材の製造
適用製品 太陽電池
目的 カーボンナノチューブを用いた太陽電池において、カーボンナノチューブ特有の構造に対して有利な作用を発揮して光電変換効率の向上を図り得る太陽電池を提供する。
効果 pn接合を形成するためのp型導電部材およびn型導電部材の少なくともいずれかの導電部材にカーボンナノチューブを用いるとともに、このカーボンナノチューブの表面を酸化モリブデンなどの金属酸化物材料で被覆したので、ホール輸送層効果、キャリア増加効果、パッシベーション効果、反射率低減効果などが得られ、したがって太陽電池の光電変換効率の向上を図ることができる。
技術概要
負極としての金属電極2と、透明基板5に設けられて光を透過し得る正極としての金属電極片3との間に発電層4が配置されたもので、この発電層4を、金属電極2側に配置されるn型導電性基板6と、このn型導電性基板6の表面に所定厚さでもって層状に配置されるp型カーボンナノチューブ7と、この層状のカーボンナノチューブ7の全体を覆うように充填されて各カーボンナノチューブ7の表面を被膜(コーティング)する酸化モリブデン8とから構成したもの。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT