無線通信システム、無線通信装置及び無線通信制御方法

開放特許情報番号
L2015001750
開放特許情報登録日
2015/10/23
最新更新日
2015/10/23

基本情報

出願番号 特願2012-101205
出願日 2012/4/26
出願人 日本電信電話株式会社、国立大学法人京都大学
公開番号 特開2013-229798
公開日 2013/11/7
登録番号 特許第5757631号
特許権者 日本電信電話株式会社、国立大学法人京都大学
発明の名称 無線通信システム、無線通信装置及び無線通信制御方法
技術分野 電気・電子
機能 制御・ソフトウェア、検査・検出
適用製品 無線通信システム、無線通信装置及び無線通信制御方法
目的 一部の無線端末が基地局と隠れ端末の関係にある場合であっても、隠れ端末状態の無線端末の上りスループットが劣化することを抑制することができる無線通信システム、無線通信装置及び無線通信制御方法を提供する。
効果 隠れ端末状態にある無線端末は、他の無線端末と比較して送信権を得やすくなるため、衝突によって送信権取得確率が減少することを相殺でき、上りのスループットが劣化することを抑制することができる。
技術概要
基地局と、該基地局に接続する中継局と、該中継局に接続し該中継局を介して前記基地局と通信する複数の無線端末により構成される無線通信システムであって、
前記基地局と前記無線端末との間において隠れ端末の関係になっている前記無線端末を検出する隠れ端末検出手段と、
前記基地局及び中継局が使用する第1のコンテンションウィンドウが前記隠れ端末の関係になっている無線端末が使用する第2のコンテンションウィンドウよりも小さく、かつ、前記第2のコンテンションウィンドウが前記隠れ端末の関係になっていない無線端末が使用する第3のコンテンションウィンドウよりも小さくなるように設定する制御手段とを備えたことを特徴とする無線通信システム。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT