チタンの製造方法。

開放特許情報番号
L2015001743
開放特許情報登録日
2015/10/23
最新更新日
2017/5/15

基本情報

出願番号 特願2013-004010
出願日 2013/1/11
出願人 国立大学法人京都大学
公開番号 特開2014-133939
公開日 2014/7/24
登録番号 特許第6095374号
特許権者 国立大学法人京都大学
発明の名称 チタンの製造方法。
技術分野 金属材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 チタンの製造方法
目的 効率よくチタン合金を得ることができ、当該チタン合金を精製することで、金属チタンを低コストで連続的に製造することができるチタンの製造方法を提供する。
効果 ビスマス及びアンチモンから選択される少なくとも1種の金属を、チタンを補足合金化する金属として用いているので、上層の塩化マグネシウムへの金属の混入が抑制され、塩化マグネシウムの溶融塩電解によるマグネシウムの再生への影響が抑制される。更に、上記金属を用いると、得られる液体合金の精製にも適しており、金属チタンを低コストで連続的に製造することができる。
このため、効率よくチタン合金を得ることができ、当該チタン合金を精製することで、金属チタンを低コストで連続的に製造することができる。
技術概要
(1)ビスマス及びアンチモンから選択される少なくとも1種の金属と、マグネシウムとを含む混合物に、四塩化チタンを添加して、前記金属とチタンとの液体合金を得る工程1、及び
(2)前記液体合金から、前記チタン以外の成分を除去する精製処理を施す工程2
を含むことを特徴とするチタンの製造方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT