水流発電装置

開放特許情報番号
L2015001729
開放特許情報登録日
2015/10/21
最新更新日
2015/10/21

基本情報

出願番号 特願2014-197993
出願日 2014/9/29
出願人 田岡 懸一、田岡 佑二
登録番号 特許第5793727号
特許権者 田岡 懸一、田岡 佑二
発明の名称 水流発電装置
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造、環境・リサイクル対策
適用製品 水流発電装置
目的 我が国の豊富な河川の水流を電気エネルギーに変える事である。
効果 河川の生態系を損なうことなく如何なる洪水にも影響されないよう設計された、水車を回転させる水路であるから、洪水時土砂やごみに妨げられる事なく、常に安定した回転が出きる為、出力の高い安定した発電が可能となる。
我が国の豊富な無限の水流から、安定した出力の高い電気エネルギーを得る事で、過剰に失われつつある緑を守り、地球温暖化防止を担う事ができる。
また山岳地帯、別荘及びキャンプ場においても、前記水路を用いて発電する事により、電気のある一時を過ごすことが可能となる。
技術概要
河川の水流が遅いところから、流れが早くなる位置に、川の手前から向こう岸に向け川底から下に壁を設け、前記壁の両端に前記壁に直角に下流に向け水路を支える二枚の壁を設け、前記手前の壁は洪水時でも流物が越流出来ないよう高く、前記向こう岸よりの側壁は洪水時側壁を越流できるよう通常の水路の水面よりも少し高く、前記水路を支える二枚の側壁間上部に、水量が少ない時期でも水路に安定した水が流れるよう、川底より少し低く水路の始点から下流に向け少し勾配をかけ端部は下向きに曲面を加えた水路を設け、前記水路の水が落ちかかる位置に水車を配し、水車は落ちかかる水によって回転、更に発電に必要な回転に加速滑車で加速し発電する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 田岡 懸一

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT