細胞接着制御法

開放特許情報番号
L2015001695
開放特許情報登録日
2015/10/20
最新更新日
2016/4/19

基本情報

出願番号 特願2015-138762
出願日 2015/7/10
出願人 国立研究開発法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2016-028567
公開日 2016/3/3
発明の名称 細胞接着制御方法
技術分野 食品・バイオ
機能 材料・素材の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 細胞接着制御方法
目的 新たな細胞接着制御技術を提供する。
効果 本発明によれば、インテグリンを介さない細胞の器材への接着を制御することができる。対象となる細胞は付着細胞でも浮遊細胞でもよく、また、細胞接着の対象となる器材は培養容器でもよくビーズ、シート、多孔体など任意であり、これらの器材と細胞間の接着は血清タンパク質により脱着されるため、DDSを含む種々の用途に応用できる。
技術概要
細胞を低血清タンパク質もしくは無血清タンパク質培地中で培養することで、器材に前記細胞をインテグリンを介さないで接着させることを特徴とする、細胞の接着方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT