比偏波間位相差演算装置、及びそれを用いた降雨観測システム並びに比偏波間位相差演算方法

開放特許情報番号
L2015001687
開放特許情報登録日
2015/10/19
最新更新日
2015/10/19

基本情報

出願番号 特願2012-073098
出願日 2012/3/28
出願人 国立研究開発法人防災科学技術研究所
公開番号 特開2013-205151
公開日 2013/10/7
登録番号 特許第5807961号
特許権者 国立研究開発法人防災科学技術研究所
発明の名称 比偏波間位相差演算装置、及びそれを用いた降雨観測システム並びに比偏波間位相差演算方法
技術分野 情報・通信
機能 検査・検出
適用製品 比偏波間位相差演算装置、及びそれを用いた降雨観測システム並びに比偏波間位相差演算方法
目的 誤差要因による変動を補正して精度の良い比偏波間位相差K↓(DP)を演算する比偏波間位相差演算装置、及びそれを用いた降雨観測システム並びに比偏波間位相差演算方法を提供する。
効果 比偏波間位相差演算装置、及びそれを用いた降雨観測システム並びに比偏波間位相差推定方法により、誤差要因による変動を補正して精度の良い比偏波間位相差K↓(DP)を演算することが可能となる。
技術概要
位相差演算装置3は、位相差の不連続を補正し、元の連続的な位相差を復元する位相差折り返し補正手段31と、閾値以下の相関係数を有する観測点のデータを、使用しないように管理する手段32と、位相差の距離についての移動平均及び標準偏差を求め、それぞれの距離において、位相差とその移動平均値との差が閾値を超えた場合、その距離のデータを移動平均値に置き換える外れ値除去手段33と、降雨層と雨以外の降水粒子を含む領域を判別し、降雨層以外のデータを解析対象から外す判別手段35と、レンジ近傍及び遠方における位相差の境界条件を決定する手段36と、観測された位相差と求めるべき位相差との差の演算からなるコストファンクションを最小化する位相差を決定する手段37と、を備えることを特徴とする。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT