環状化サイトカイン及びその製法

開放特許情報番号
L2015001670
開放特許情報登録日
2015/10/19
最新更新日
2018/8/21

基本情報

出願番号 特願2017-512563
出願日 2016/4/13
出願人 国立研究開発法人産業技術総合研究所
公開番号 WO2016/167291
公開日 2016/10/20
発明の名称 環状化サイトカイン及びその製法
技術分野 食品・バイオ、有機材料、化学・薬品
機能 材料・素材の製造
適用製品 タンパク質
目的 環状化タンパク質の生産における従来技術の問題点を解消すること。
効果 環状化による安定性向上の最大の短所である、環状化反応に必要な配列の追加を最低限に抑え、さらに環状化反応効率の低さ、精製段階の煩雑さを解決する。
技術概要
本発明者らは、環状化させるタンパク質の立体構造におけるN末端、C末端の近接度合が環状化効率を決定する要因であると考え、当該観点から末端配列に種々の改変を加えた環状化タンパク質を設計、合成した。
具体的には、上記観点で設計した新規な環状化サイトカイン群を製造し、環状化効率を比較した。また、精製した環状化サイトカイン群の機能と構造を精査し、直鎖状サイトカインと比較して同程度の機能と高い安定性を有することを示した。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT