透明不燃膜、透明不燃自立膜

開放特許情報番号
L2015001652
開放特許情報登録日
2015/10/19
最新更新日
2016/12/29

基本情報

出願番号 特願2015-066877
出願日 2015/3/27
出願人 国立研究開発法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2016-185889
公開日 2016/10/27
発明の名称 透明不燃膜、透明不燃自立膜
技術分野 化学・薬品、無機材料、機械・加工
機能 材料・素材の製造
適用製品 透明性と不燃性を有する透明不燃膜や透明不燃自立膜
目的 透明性(全光線透過率で60%以上)を有する不燃性膜であって、自立性を有し、脆くない膜の提供。
効果 全光線透過率が60%以上の透明性、および、接炎時において発火せず、かつ溶融しない不燃性を有するもので、しかも、脆くない(耐屈曲性試験において直径20mm以上のマンドレルでは亀裂が生じたり、割れたりしない。)。特に、粘土鉱物として人工粘土鉱物と天然粘土鉱物との所定配合割合の混合物を使用した場合、透明性、不燃性を損なうことなく、自立性や比較的高い引っ張り強度をも得ることができる。
技術概要
 
透明不燃膜は、分子両端をシリル化した両端シリル化グリコール化合物、例えば両端シリル化ポリ(エチレングリコール)化合物と粘土鉱物とを主要成分とする透明不燃膜であって、前記粘土鉱物が天然粘土鉱物と人工粘土鉱物からなる。粘土鉱物の懸濁液に両端シリル化グリコール溶液を加え、攪拌後鋳型に流し込み、乾燥後分離することにより脆くない自立膜が得られる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT