高伸縮性配線及びその製造方法、製造装置

開放特許情報番号
L2015001625
開放特許情報登録日
2015/10/19
最新更新日
2018/9/20

基本情報

出願番号 特願2017-500673
出願日 2016/2/16
出願人 国立研究開発法人産業技術総合研究所
公開番号 WO2016/133065
公開日 2016/8/25
登録番号 特許第6377241号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 高伸縮性配線及びその製造方法、製造装置
技術分野 電気・電子
機能 材料・素材の製造、機械・部品の製造
適用製品 伸縮性や屈曲性に優れた高伸縮性配線、及び、その製造方法、製造装置
目的 非常にシンプルな製造プロセスで、低コストで大量生産を可能とするとともに、優れた伸長性、耐久性を発揮しながら、伸長に伴う抵抗値変化の小さい高伸縮性配線を提供する。
効果 本発明の高伸縮性配線によれば、エラストマーシートの伸縮に合わせて、螺旋状に巻回した導線が、巻回数、ピッチを変更することで伸縮するので、優れた伸長性、耐久性を発揮しながら、伸長に伴う抵抗値変化を小さくすることができる。
また、本発明の高伸縮性配線の製造方法によれば、伸長させた2枚のエラストマーシート間に巻回性の高い導線を挟み貼着するだけで、上述の高伸縮性配線を低コストで大量生産することが可能となる。
技術概要
伸縮可能な高伸縮性配線であって
少なくとも、幅方向両側において長手方向に沿って、双方の粘着層を互いに貼着した2枚のエラストマーシート間に、前記エラストマーシートがなんら張力を受けない自然長のときは、螺旋状に巻回して収縮し、前記エラストマーシートの両端間で張力が作用し、伸長するのに合わせて、螺旋の巻回数を減じて伸長する、巻回性の高い導線を介在させ、エラストマーシートの両端で、該エラストマーシートの表面から前記導線を露出させ、回路素子に電気的に接続し、固定するようにした高伸縮性配線。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT