カーボンナノチューブ標準黒体炉装置

開放特許情報番号
L2015001594
開放特許情報登録日
2015/10/19
最新更新日
2017/8/31

基本情報

出願番号 特願2016-043253
出願日 2016/3/7
出願人 国立研究開発法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2017-003565
公開日 2017/1/5
発明の名称 カーボンナノチューブ標準黒体炉装置
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 カーボンナノチューブ標準黒体放射源装置
目的 空洞の底部へのカーボンナノチューブの表面処理基板の設置を容易にしたカーボンナノチューブ標準黒体炉装置を提供する。
効果 基板の設置および交換の操作性が向上する。希ガス雰囲気を損なうことがなくCNTの燃焼をより効果的に防ぐことができる。高温によるカーボンナノチューブの燃焼を防ぐことができ標準黒体炉装置としての性能の劣化を防ぐことができる。
技術概要
所定温度に温度制御される炉内に設けられた空洞と、該空洞の底部に配置されたカーボンナノチューブの表面処理をした基板を備えたカーボンナノチューブ標準黒体炉装置であって、前記空洞は空洞筒部と空洞底部が着脱自在に構成され、前記基板の配置を空洞底部側から行えるようにしたことを特徴とする。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT