神経堤細胞から自律神経系の細胞への分化誘導方法

開放特許情報番号
L2015001583
開放特許情報登録日
2015/10/19
最新更新日
2018/8/22

基本情報

出願番号 特願2017-521742
出願日 2016/4/26
出願人 国立研究開発法人産業技術総合研究所
公開番号 WO2016/194522
公開日 2016/12/8
発明の名称 神経堤細胞から自律神経系の細胞への分化誘導方法
技術分野 食品・バイオ
機能 材料・素材の製造
適用製品 神経堤細胞から自律神経系の細胞への分化誘導方法、分化誘導方法に用いられるキット
目的 神経堤細胞から自律神経細胞を短期間かつ高効率で自律神経細胞を分化誘導する方法を提供すること。
効果 本発明の分化誘導方法によれば、神経堤細胞から高い割合で選択的に自律神経系の細胞へ分化誘導することができる。また、本発明の分化誘導方法は、従来の分化誘導方法と比較して短期間の培養期間で自律神経系の細胞への分化誘導を可能とするものである。
技術概要
神経堤細胞から自律神経系の細胞を作出する分化誘導方法であって、
(a)前記神経堤細胞を、BMPシグナル経路活性化剤、SHHシグナル経路阻害剤、
及び、Wntシグナル経路阻害剤からなる群より選択される少なくとも1つの剤の存在下で培養を行う工程を含むことを特徴とする、分化誘導方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT