表示装置

開放特許情報番号
L2015001581
開放特許情報登録日
2015/10/19
最新更新日
2017/2/27

基本情報

出願番号 特願2015-110751
出願日 2015/5/14
出願人 国立研究開発法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2016-218413
公開日 2016/12/22
発明の名称 表示装置
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 表示装置
目的 視認性を向上させた表示装置等を提供する。
効果 屈折手段が、円形状の断面を有するので、屈折手段内部における表示装置の周囲からの外光の反射による視認性の低下を防止でき、外光を遮断するスリット等の遮光手段が不要になり、表示装置が表示する画像が明るくなり、視認性が向上する。
技術概要
円形状の断面を有し、光を屈折する屈折手段1aと、複数の屈折手段1aを、視点3側に対して凸形状に配置して支持する配置支持手段1bと、屈折手段1aに対して視点3側と反対側に画像を形成する画像形成手段1cと、を備え、配置支持手段1bが、画像5の中心とする部分が凸形状の法線方向に向くように、各屈折手段1aを支持し、画像形成手段1cが、隣り合った各屈折手段1aにおいて同一または類似する画像5を形成する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT