自動車運転能力判定装置

開放特許情報番号
L2015001568
開放特許情報登録日
2015/10/19
最新更新日
2017/2/27

基本情報

出願番号 特願2015-099449
出願日 2015/5/14
出願人 国立研究開発法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2016-218112
公開日 2016/12/22
発明の名称 自動車運転能力判定装置
技術分野 情報・通信、食品・バイオ、化学・薬品
機能 機械・部品の製造
適用製品 自動車運転能力判定装置
目的 自動車運転シミュレータによる仮想運転を行わせ、視覚以外の感覚刺激を与えた際の脳波を分析することにより、認知能力や集中力の低下を正確に判定する。
効果 自動車運転シミュレータによる単位時間当たり映像提示時間(視界遮断率)を制限した際、視覚以外の感覚刺激に反応する部位で計測した脳波における誘発電位変動の変動幅に基づいて、自動車運転時に必要な視覚情報に対する注意力、集中力を正確に判定することが可能となる。
技術概要
自動車運転能力判定装置は、自動車運転シミュレータと、自動車運転シミュレータによる映像表示を、単位時間当たり所定の視界遮断率で開放/遮断する視界遮断率調整装置と、自動車運転シミュレータが仮想運転時に提示する情報とは無関係の刺激を被験者に与える感覚刺激付与装置と、被験者に装着する脳波計とを備えている。ふらつき量が増大し始める臨界視界遮断率以下の状態と、安全運転の限界値を超える限界視界遮断率前後の状態とに切り換え、それぞれの状態で、感覚刺激付与装置により刺激を与えた際、脳波計が検出する部位のうち、刺激に対する感覚を司る部位における誘導電位の変動幅を計測し両者の差分に基づいて、自動車運転時に必要な視覚情報に対する注意力、集中力を判定する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT