電磁ホーン型電子スピン共鳴装置

開放特許情報番号
L2015001552
開放特許情報登録日
2015/10/15
最新更新日
2015/10/15

基本情報

出願番号 特願2009-255965
出願日 2009/11/9
出願人 国立大学法人 大分大学
公開番号 特開2011-099814
公開日 2011/5/19
登録番号 特許第5434492号
特許権者 国立大学法人 大分大学
発明の名称 電磁ホーン型電子スピン共鳴装置
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 電磁ホーン型電子スピン共鳴装置
目的 ESR測定感度をより高めると共に操作性とESR応用計測性を大幅に拡大(多目的性)した数GHzの広範囲周波数掃引方式の電磁ホーン型電子スピン共鳴装置を提供する。
効果 安価に製造できると共に大型試料も測定可能な小型化均一磁場発生用固定磁石及び小型化磁場掃引仕様電磁石の採用を容易に可能とするものである。
技術概要
マイクロ波発振装置、電磁ホーン、試料載置台上の試料への磁場変調装置、マイクロ波反射板と、反射波処理装置とからなる電磁ホーン型電子スピン共鳴装置において、電磁ホーンの表面にマイクロ波放射凸面型放射レンズを設け、マイクロ波反射板を凹面マイクロ波反射板にし、試料載置台と凹面マイクロ波反射板との位置調節装置を設け、マイクロ波発振装置としてYIGスイープオシレータで8〜12.4GHz掃引して1W級の広帯域アンプで増幅したマイクロ波を導入するサ−キュレータを設けた電磁ホーン型電子スピン共鳴装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT