DC−DCコンバータ

開放特許情報番号
L2015001551
開放特許情報登録日
2015/10/15
最新更新日
2015/10/15

基本情報

出願番号 特願2009-249308
出願日 2009/10/29
出願人 国立大学法人 大分大学
公開番号 特開2011-097744
公開日 2011/5/12
登録番号 特許第5474488号
特許権者 国立大学法人 大分大学
発明の名称 DC−DCコンバータ
技術分野 電気・電子
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 DC−DCコンバータ
目的 カップルドインダクタを用いたDC−DCコンバータであって、定常状態にトランス偏磁が発生しないようなDC−DCコンバータを提供しようとするものである。また一方で、回路起動時に電流のアンバランスが小さく、起ち上がりが早いDC−DCコンバータを提供。
効果 カップルドインダクタを用いたDC−DCコンバータにおいて、定常状態にトランス偏磁が発生しないことを特徴とするDC−DCコンバータが提供される。また、回路起動時に電流のアンバランスが小さく、起ち上がりが早いDC−DCコンバータが提供される。
また、励磁電流の増加に伴うスイッチの電力損失の増大を防いで、スイッチの破損を防ぐことができる。
技術概要
直列にこの順で接続された第1のスイッチングトランジスタ、第1のコンデンサ、第1のインダクタ、第2のコンデンサが直流電源に接続され、直列にこの順に接続された第2のスイッチングトランジスタ、第2のインダクタは、前記第1のコンデンサ、前記第1のインダクタに並列に接続され、前記第1のインダクタと、前記第2のインダクタとは、複数の巻き線と共通の磁心から成るカップルドインダクタで構成されているDC−DCコンバータ。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT