液晶性を有する高分子金属錯体及び液晶性を有する高分子金属錯体の製造方法

開放特許情報番号
L2015001548
開放特許情報登録日
2015/10/15
最新更新日
2015/10/15

基本情報

出願番号 特願2013-255700
出願日 2013/12/11
出願人 国立大学法人 大分大学
公開番号 特開2015-113394
公開日 2015/6/22
発明の名称 液晶性を有する高分子金属錯体及び液晶性を有する高分子金属錯体の製造方法
技術分野 有機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 液晶性を有する高分子金属錯体及び液晶性を有する高分子金属錯体の製造方法
目的 液晶性を有する新たな高分子金属錯体を提供する。また、同液晶性を有する高分子金属錯体の製造方法についても提供する。
効果 液晶性を有する新たな高分子金属錯体を提供することができる。
技術概要
下記一般式( I )にて表されるポリアミノウレタンと、遷移金属イオンとを有し、前記ポリアミノウレタンが有するアミノ基の窒素原子及びウレタン結合の窒素原子を前記遷移金属のイオンに配位させて構成することとした。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT