掃除ロボットがアレイ間を移動して太陽光発電パネル表面を自動的に連続して清掃できる方法

開放特許情報番号
L2015001542
開放特許情報登録日
2015/10/15
最新更新日
2017/1/16

基本情報

出願番号 特願2014-167027
出願日 2014/8/19
出願人 梶谷 孝啓
公開番号 特開2015-144547
公開日 2015/8/6
登録番号 特許第6060332号
特許権者 梶谷 孝啓
発明の名称 太陽光発電設備及び太陽光発電設備の清掃方法
技術分野 電気・電子、情報・通信、生活・文化
機能 洗浄・除去、環境・リサイクル対策、その他
適用製品 太陽光発電設備で使用される太陽電池パネル
目的 太陽光発電設備で使用される太陽電池パネルや反射鏡などの受光面を、作業性良く、且つ経済的に清掃することができる、太陽光発電設備及びその掃除方法を提供する。
効果 本発明は、複数の太陽光発電パネルが所定の間隔をあけて配設された太陽光発電設備であって、受光面上を自走可能な受光面掃除ロボットをひとつの前記太陽光発電パネルからそれに隣り合う太陽光発電パネルに走行移動させるための移動手段を備えることを最も主要な特徴とする。
技術概要
 
複数の太陽光発電パネル1が、所定の間隔をあけて配設された太陽光発電設備であって、自走可能な受光面掃除ロボット3を、ひとつの前記太陽光発電パネル1からそれに隣り合う太陽光発電パネル1に走行移動させるための移動手段2を備える。自走可能な受光面掃除ロボット3は、ひとつの太陽光発電パネル1の受光面の掃除を終了後、移動手段2を通じ、前記太陽光発電パネル1に隣り合う太陽光発電パネル1に走行移動し、その受光面の掃除を実施する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 ◆◆◆本出願特許の優先権により国際特許出願(PCT/JP2015/064834)を行っています。早期公開により既に公開(WO/2015/152431)されています。国際調査報告書及び見解書により新規性・進歩性ありとの見解を得ています。
太陽光発電設備及びメンテナンスに係る事業者の方には、他社との差別化を図る上で非常有効な手段となると考えます。◆◆◆

登録者情報

登録者名称 梶谷 孝啓

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【有】   
Copyright © 2017 INPIT