放射線検出用蛍光板の製造方法

開放特許情報番号
L2015001539
開放特許情報登録日
2015/10/14
最新更新日
2017/3/22

基本情報

出願番号 特願2014-036368
出願日 2014/2/27
出願人 国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構
公開番号 特開2015-161563
公開日 2015/9/7
発明の名称 放射線検出用蛍光板の製造方法
技術分野 情報・通信
機能 材料・素材の製造
適用製品 放射線検出用蛍光板の製造方法
目的 透過力の強い放射線を可視光に変換する蛍光板であって、高い感度と高い位置分解能を併せ持つ蛍光板を、極めて簡単な方法で、低コストに製造する方法を提供する。
効果 透過力の強い放射線を高い感度かつ高い位置分解能で可視光に変換できる蛍光板を、安価かつ簡便に大量に提供することができる。
技術概要
フォトレジストや紫外線または電子線硬化樹脂(UV/EB硬化樹脂)に蛍光体粉末を混入し、基板上に塗布した後、高エネルギーのイオンビームやX線等の透過力に優れる電離放射線を、パターンマスクを介して塗布物にパターン照射し、その後、溶剤等により不必要な樹脂を取り除くことで、基板上に蛍光体粉末を含有した柱状構造を生成する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT