高分子化ホウ素化合物及びその使用

開放特許情報番号
L2015001510
開放特許情報登録日
2015/10/7
最新更新日
2015/10/7

基本情報

出願番号 特願2013-175968
出願日 2013/8/27
出願人 国立大学法人 筑波大学
公開番号 特開2015-044920
公開日 2015/3/12
発明の名称 高分子化ホウ素化合物及びその使用
技術分野 有機材料、食品・バイオ
機能 材料・素材の製造
適用製品 高分子化ホウ素化合物
目的 血中滞留性、腫瘍集積性、及び/または各構築物もしくはポリマーミセル中に装填できるホウ素化合物の含有量に優れ、中性子線捕捉療法による治療効果を高めることのできるホウ素化合物を提供する。
効果 例えば、単糖(スクロース、グルコース等)、二糖(ラクトース等)、還元糖、多糖(デンプン等)、糖アルコール(ソルビトール、キシリトール、エリスリトール、マンニトール、マルチトール、ラクチトール、)等との混合物の状態で適当な製薬学的製剤を調製するのに使用できる。これらは、非経口剤として調製するのが好ましい。非経口投与は、静脈内、動脈内、皮下もしくは筋肉内への投与、または局所への包埋することにより実施できる。
技術概要
ホウ素化合物として、ポリエチレングリコール−b−ポリクロロメチレンスチレン(PEG−b−PCMA)ブロック共重合体のクロロメチレン基を介してホウ素イオンクラスターを共有結合せしめた高分子ホウ素化合物及び該共重合体と特定のポリカチオン荷電性化合物のポリイオン複合体。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT