リチウムイオン二次電池とそのための正極活物質

開放特許情報番号
L2015001498
開放特許情報登録日
2015/9/30
最新更新日
2015/9/30

基本情報

出願番号 特願2001-130965
出願日 2001/4/27
出願人 堺化学工業株式会社
公開番号 特開2002-324543
公開日 2002/11/8
登録番号 特許第4882160号
特許権者 堺化学工業株式会社
発明の名称 リチウムイオン二次電池とそのための正極活物質
技術分野 電気・電子、化学・薬品、無機材料
機能 材料・素材の製造、加熱・冷却
適用製品 リチウムイオン二次電池とそのための正極活物質
目的 高エネルギー密度を有し、充放電容量が高く、しかもサイクル特性にすぐれる高性能のリチウムイオン二次電池用正極活物質を提供する。
効果 第1の複合酸化物と第2の複合酸化物とを組合わせ、これを正極活物質として用いたリチウムイオン二次電池によれば、サイクル毎の放電容量の変動係数を小さくすることができ、特に、初期の放電容量が安定化される。
技術概要
Li↓a Mn↓(1-X-Y) Cr↓X M↓Y O↓b(a、b、X及びYはそれぞれ、0<X≦0.2、0≦Y≦0.2、0.8≦a≦1.2、1.8≦b≦2.4である。)で表され、晶系が単斜晶と斜方晶との混合物からなり、X線回折におけるI(斜方晶)/I(単斜晶)にて定義される強度比Rが0〜0.3の範囲にある第1の複合酸化物と、(II)一般式(II)
Li↓a Mn↓(1-X-Z) Cr↓X Mo↓Z O↓b(式中、a、b、X及びZはそれぞれ、0<X≦0.2、0<Z≦0.2、0.8≦a≦1.2、1.9≦b≦2.1である。)で表され、晶系が単斜晶と斜方晶との混合物からなり、X線回折におけるI(斜方晶)/I(単斜晶)にて定義される強度比Rが0〜0.3の範囲にある第2の複合酸化物とを含む正極活物質。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 堺化学工業株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT