高周波電磁界測定装置

開放特許情報番号
L2015001495
開放特許情報登録日
2015/9/29
最新更新日
2017/6/26

基本情報

出願番号 特願2015-506537
出願日 2013/9/6
出願人 国立大学法人東北大学
公開番号 WO2014/147866
公開日 2014/9/25
発明の名称 高周波電磁界測定装置
技術分野 電気・電子、機械・加工
機能 機械・部品の製造、検査・検出
適用製品 高周波電磁界測定装置
目的 高周波信号の入力により発生する高周波磁界による影響と高周波電界による影響とを分離可能で、高精度で高周波磁界を測定することができる高周波電磁界測定装置を提供する。
効果 高周波信号の入力により発生する高周波磁界による影響と高周波電界による影響とを分離可能で、高精度で高周波磁界を測定することができる高周波電磁界測定装置を提供することができる。
本発明に係る高周波電磁界測定装置は、高周波磁気力顕微鏡や、高周波電磁ノイズ計測器、スピン素子計測装置として利用可能である。
技術概要
高周波信号を入力された測定対象物が発する高周波磁界を測定するための高周波電磁界測定装置であって、
磁気的作用による振動を利用して磁界を検出可能な磁気力センサと、
前記測定対象物に近接して配置された電流線と、
前記測定対象物に高周波の搬送波信号を入力する搬送波導入手段と、
前記電流線に高周波の参照波信号を入力可能であり、入力する前記参照波信号の周波数を変更可能に構成された参照波導入手段とを有し、
前記搬送波導入手段から前記測定対象物に前記搬送波信号を入力するときの電位と、前記磁気力センサの電位とが等しくなるよう構成されていることを
特徴とする高周波電磁界測定装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT