アンドロゲンレセプター活性依存性乳癌細胞株の作製方法、当該細胞株を用いたスクリーニング方法、ならびに乳癌患者におけるアンドロゲンレセプター活性依存性獲得の判定方法、キット及びマーカー

開放特許情報番号
L2015001486
開放特許情報登録日
2015/9/29
最新更新日
2017/6/26

基本情報

出願番号 特願2015-518133
出願日 2014/3/25
出願人 国立大学法人東北大学
公開番号 WO2014/188775
公開日 2014/11/27
発明の名称 アンドロゲンレセプター活性依存性乳癌細胞株の作製方法、当該細胞株を用いたスクリーニング方法、ならびに乳癌患者におけるアンドロゲンレセプター活性依存性獲得の判定方法、キット及びマーカー
技術分野 食品・バイオ
機能 検査・検出
適用製品 ホルモン療法耐性乳癌細胞株の作製方法、当該細胞株を用いた乳癌治療剤のスクリーニング方法及び乳癌患者におけるホルモン療法耐性獲得の判定方法、キット及びマーカー
目的 従来のホルモン療法耐性機序とは全く異なる新規の耐性機序を有する細胞株を提供する、当該細胞株を用いたホルモン療法耐性乳癌細胞に対する治療剤のスクリーニング方法を提供する、及び乳癌患者がかかる耐性機序を獲得してしまったか否かを判定する方法を提供する
効果 従来のホルモン療法耐性機序とは全く異なる新規の耐性機序を有する細胞株を提供すること、及び当該細胞株を用いたホルモン療法耐性乳癌細胞に対する治療剤のスクリーニング方法を提供することができる。また、ホルモン療法により乳癌患者がアンドロゲンレセプター活性依存性を獲得たか否かを判定することができる。
技術概要
KLK3、DDC及びARからなる群より選択される少なくとも一つを指標とする、乳癌患者におけるアンドロゲンレセプター活性依存性獲得の有無を判定する方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT