体操ができる椅子

開放特許情報番号
L2015001456
開放特許情報登録日
2015/9/11
最新更新日
2015/9/11

基本情報

出願番号 特願2014-226219
出願日 2014/11/6
出願人 宮西 和宏
登録番号 特許第5770910号
特許権者 宮西 和宏
発明の名称 体操ができる椅子
技術分野 生活・文化
機能 機械・部品の製造、安全・福祉対策
適用製品 体操ができる椅子
目的 長円または8の字などの円周を描く旋回運動、あるいはツイスト運動時に利用者の動作方向とは逆方向に作用する第1・3支柱または第2・4支柱に働く弾性復元力を適切な状態に調節することと可変すること。
効果 第1・第3支柱または第2・第4と、縦桟材ならびに規制手段を用いて構成した体操ができる椅子は運動用に限定されず、利用者がほぼ静止した状態で用いられる事務用や食卓用などのあらゆる用途に活用できる有用性ならびに多能性を兼ね備える。
技術概要
旋回運動時に円周方向に向けた傾動に抗する弾性復元力は、第1・3支柱に内設したバネ挿入孔もしくは第2・4支柱に周設した収容部に納置する弾性部材、あるいはコイルスプリングの数量を増減することで、利用者の所望に近しい状態に調節または大幅に可変する。
ツイスト運動時に利用者の回転方向に抗する弾性復元力は、第1・3支柱または第2・4支柱の外壁に形設した複数のガイドに係着させる、少なくとも3種の異なる肉厚に作られた複数の突起を付け替える、あるいは増減することで、利用者の所望に近しい状態に調節または大幅に可変することがきる。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 宮西 和宏

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT