開発支援システム及び開発支援用プログラム

開放特許情報番号
L2015001451
開放特許情報登録日
2015/9/11
最新更新日
2015/9/11

基本情報

出願番号 特願2004-010788
出願日 2004/1/19
出願人 株式会社日本総合研究所
公開番号 特開2005-202866
公開日 2005/7/28
登録番号 特許第4454321号
特許権者 株式会社JSOL
発明の名称 開発支援システム及び開発支援用プログラム
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 開発支援システム及び開発支援用プログラム
目的 製品開発プロジェクトの支援を実際の開発プロジェクトの実情に合致するものとし、より緻密な支援とより容易なシステム運用とを図る。
効果 開発対象製品について実施すべきタスクが漏れなく保証され、開発された製品の商品価値が必定的に担保される。
該ナレッジ情報が無駄にならず、確実に有効活用され、プロジェクトの業績向上に寄与する。
次回以降のプロジェクトにおいては過去に遭遇した経験が無駄なく生かされると共に、タスクシートにはそのような過去の経験が順次蓄積されていって、当システム自体の改良効果及び学習効果が奏される。
過去の経験が生かされた、無駄のない、効率的なプロジェクト遂行が図られる。
技術概要
製品開発プロジェクトの遂行を支援する開発支援システムにおいて、プロジェクトで実施する一群のタスクを少なくとも製品部位及びタスク内容で細分化した構造のタスクシートをプロジェクト毎に記録するタスクシート記録手段と、新規プロジェクトの開始時に、上記タスクシート記録手段に記録されている先のプロジェクトのタスクシートのうち、開発対象製品が同一又は類似するプロジェクトのタスクシートをテンプレートとして選択するタスクシート選択手段と、該タスクシート選択手段で選択されたタスクシートを新規プロジェクトのタスクシートとして上記タスクシート記録手段に新たに登録する新規プロジェクトタスクシート登録手段とを備える。
実施実績 【有】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 株式会社 JSOL

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT