電界観測に基づく震源時・震源距離・規模の予測方法及びその予測装置

開放特許情報番号
L2015001446
開放特許情報登録日
2015/9/8
最新更新日
2015/9/8

基本情報

出願番号 特願2002-325538
出願日 2002/11/8
出願人 国立研究開発法人防災科学技術研究所
公開番号 特開2004-157094
公開日 2004/6/3
登録番号 特許第4171800号
特許権者 国立研究開発法人防災科学技術研究所
発明の名称 電界観測に基づく震源時・震源距離・規模の予測方法及びその予測装置
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造、検査・検出
適用製品 震源時・震源距離・規模を予測する方法及びその予測装置
目的 簡単な方法及び装置により、地震発生とほぼ同時に震源時を検知する共に、短時間に地震波の到来前に、震源距離、規模を予測できるようにする。
効果 電界強度の計測と解析により短時間に地震波の到来前に、震源・震源距離・規模を予測できるため、原子炉、高速鉄道、高速道路、空港などでの地震波到来前の緊急停止処置への利用が可能である。
技術概要
地震動に伴い観測される電界強度の計測値データの時系列から震源時・震源距離・規模を予測する装置として、電界強度を計測する計測手段21、22と、計測手段による計測値データを収集・蓄積するデータ蓄積手段24、25と、データ蓄積手段に蓄積された計測値データを解析して電界上昇開始時刻から震源時を検知し、震源時からの経過時間と計測値データから震源距離と規模を予測するデータ解析手段26とを備え、自然雑音および人工雑音が共に少ない地点で電界強度を計測し、その計測データを解析して、地震と同時に発生する電界の検知による地震の震源時・震源距離・規模の予測を行う。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【有】   
Copyright © 2017 INPIT