導電率・抵抗率測定用電極棒

開放特許情報番号
L2015001442
開放特許情報登録日
2015/9/8
最新更新日
2015/9/8

基本情報

出願番号 特願2000-212083
出願日 2000/7/13
出願人 国立研究開発法人防災科学技術研究所
公開番号 特開2002-022690
公開日 2002/1/23
登録番号 特許第3516061号
特許権者 国立研究開発法人防災科学技術研究所
発明の名称 導電率・抵抗率測定用電極棒
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造、環境・リサイクル対策
適用製品 導電率・抵抗率の測定を行うための電極棒
目的 土壌や湖沼などの深部方向の導電率や抵抗率の分布や時間的変化を容易に測定できるようにする。
効果 深さ方向の観測点を切り替えながら、測定を行う事ができるので、測定器としては1台が必要になるのみである。多数の観測点をスキャンする方法では、アナログ信号の測定を1つの機器で行うので、各測定点間での測定値の、機器による誤差がばらつかない。
技術概要
1個の抵抗と4個の電極を一組として混合物質中に交流電流を流して電圧を測定し導電率・抵抗率の測定を行うための電極棒であって、円筒の1端を円錐状にし他端に外径を肉厚分小さくした内筒部を一体に形成した先端部と、前記内筒部の外径に対応する内径の複数の環状電極と、前記内筒部の外径に対応する内径の複数のスペーサとを有すると共に、前記内筒部の壁面にケーブル引き込み孔を有し、前記複数の環状電極を前記スペーサにより決まる間隔で順に前記内筒部の外周に嵌挿して前記環状電極にケーブルを前記ケーブル引き込み孔から引き込むように構成したことを特徴とする導電率・抵抗率測定用電極棒。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT