混合物質の混合量測定装置及び監視装置

開放特許情報番号
L2015001437
開放特許情報登録日
2015/9/8
最新更新日
2015/9/8

基本情報

出願番号 特願平10-301737
出願日 1998/10/9
出願人 科学技術庁防災科学技術研究所長
公開番号 特開2000-121587
公開日 2000/4/28
登録番号 特許第3303130号
特許権者 国立研究開発法人防災科学技術研究所
発明の名称 混合物質の混合量測定装置及び監視装置
技術分野 情報・通信
機能 検査・検出
適用製品 混合物質の混合量測定装置及び監視装置
目的 従来は、土壌や粉粒積層体を被測定物として、水などの特定の混合物質の混合量を測定する簡便な方法や装置は存在していない。
効果 被測定物中に電極を差し込んだり、埋め込んだりするだけで、簡便に電極から検出される電流と電圧に基づき特定の混合物質の混合量を求めることができる。しかも、電圧及び電流を定期的にサンプリングすることにより、時間的に変化する現象の測定などを変化に追従した測定を行うことができ、被測定物に影響を与えることなく観測することができる。
技術概要
土壌や粉粒積層体からなる被測定物質中に複数の電極を任意の位置に配置して前記被測定物中に存在する特定の混合物質の混合量を測定する混合物質の混合量測定装置であって、交番電流を供給する電源と、電流を検出する電流検出手段と、電位差を検出する電圧検出手段と、前記複数の電極から対の電極を選択して前記電源及び前記電流検出手段に接続する第1の接続切り換え手段と、前記複数の電極から対の電極を選択して前記電圧検出手段に接続する第2の接続切り換え手段と、前記第1の接続切り換え手段を制御し1対の電極に前記電源及び前記電流検出手段に接続して交番電流を流して電流を検出すると共に、前記第2の接続切り換え手段を制御し順次複数の対の電極を前記電圧検出手段に接続して電圧を検出して、前記検出した電流値と電圧値との比に前記各電極の配置、形状に依存する係数を乗算して導電率を算出し、該算出した導電率と予め求められた各導電率に対応する前記特定物質の混合量のデータに基づき前記特定物質の混合量を求める演算制御手段とを備えたことを特徴とする混合物質の混合量測定装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【有】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT