地盤探査方法及び装置

開放特許情報番号
L2015001436
開放特許情報登録日
2015/9/8
最新更新日
2015/9/8

基本情報

出願番号 特願平09-270375
出願日 1997/9/18
出願人 科学技術庁防災科学技術研究所長
公開番号 特開平11-094948
公開日 1999/4/9
登録番号 特許第3106183号
特許権者 国立研究開発法人防災科学技術研究所
発明の名称 地盤探査方法及び装置
技術分野 情報・通信
機能 検査・検出
適用製品 地盤探査方法及び装置
目的 常時微動を用いる方法により高精度で地盤の地層構造の探査を可能にする。
効果 地盤探査のための入力として常時微動を用い、地盤の地層構造が変化する深さ(地表からの時間)を測定するので、地盤構造の情報を獲得することができる。基準となるボーリングデータ等が必要であるが、その結果を地域的に延長もしくは補間することにより、特定地域における地盤の面的な詳細構造を求めることができる。また、地震時における揺れの強さの分布を決定することは、地震防災上必要不可欠なことであるが、本発明はこのような震動分布を得るための基礎とすることができる。さらに、本発明は地中の異物探査等への応用も考えられる。
技術概要
常時微動や地震波等を観測して地盤の地層構造の探査を行う地盤探査方法であって、地表における速度波を観測し、常時微動や地震波等の水平方向の主構成成分を剪断波と見なして、前記剪断波の上昇波と下降波の重なった前記速度波から剪断歪の実効値に相当する量の地表からの深さ分布を測定することにより地盤の地層構造の探査を行うことを特徴とする地盤探査方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT