管理装置、素材処理装置、完成ファイル生成装置、素材蓄積装置及びそのプログラム、並びに、並列処理システム

開放特許情報番号
L2015001418
開放特許情報登録日
2015/9/7
最新更新日
2015/9/7

基本情報

出願番号 特願2011-161830
出願日 2011/7/25
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2013-025668
公開日 2013/2/4
登録番号 特許第5702682号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 管理装置、素材処理装置、完成ファイル生成装置、素材蓄積装置及びそのプログラム、並びに、並列処理システム
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 映像、音声等の素材ファイルに対する映像処理の並列化
目的 少ないデータ通信量でボトルネックの原因を判定でき、処理装置の状態に応じて処理量を動的に分配できる管理装置、素材処理装置、完成ファイル生成装置及びそれらのプログラム、並びに、並列処理システムを提供すること。
製造コストを削減できる素材処理装置及びそのプログラムを提供すること。
効果 少ないデータ通信量でボトルネックの原因を判定できると共に、処理装置の状態に応じて処理量を動的に分配できる。
製造コストを削減することができる。
素材処理装置に加えて、素材蓄積装置や完成ファイル生成装置の状態にも応じて、処理量をより正確に分配することができる。
このキュー報告を受信した管理装置において、素材処理装置や完成ファイル生成装置、素材蓄積装置の状態に応じて、処理量をより正確に分配することができる。
技術概要
並列処理システム1は、1台のクライアント端末400と、1台の管理端末500と、1台の映像素材蓄積装置700と、2台の映像処理装置800A,800Bと、1台の完成映像出力装置900とを備え、管理端末500が、映像処理装置800A,800Bからのキュー報告を受信して、ボトルネック対処条件の判定及びボトルネック改善処理の実行によって、同期信号の周期及び速度比を変更して完成映像出力装置900に送信する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT