リスニングエリア表示装置及びそのプログラム

開放特許情報番号
L2015001407
開放特許情報登録日
2015/9/7
最新更新日
2015/9/7

基本情報

出願番号 特願2011-185416
出願日 2011/8/29
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2013-048310
公開日 2013/3/7
登録番号 特許第5690246号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 リスニングエリア表示装置及びそのプログラム
技術分野 情報・通信、電気・電子
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 リスニングエリア表示装置及びそのプログラム
目的 本発明は、聴取者の要求を考慮して、客観的なリスニングエリアを提示できるリスニングエリア表示装置を提供する。
効果 聴取者の要求を考慮して、一定の音響品質が保たれるリスニングエリアを客観的に提示することができる。
リスニングエリア表示装置の汎用性を向上させることができる。
室環境も考慮して、リスニングエリアを客観的に提示することができる。
リスニングエリア表示装置の利便性を向上させることができる。
技術概要
リスニングエリア表示装置1は、聴取者が要求する音響品質を示す要求音響品質を記憶する初期条件記憶部12と、リスニングエリア規定関数を記憶するリスニングエリア規定関数データベース13と、選択ルールに基づいて、リスニングエリア規定関数を選択するリスニングエリア規定関数選択部14と、リスニングエリア規定関数ごとの音響物理量を寄与率で重み付けた重み付き音響物理量の総和を位置ごとの評価点として算出するリスニングエリア音響物理量算出部16と、評価点が閾値以上となるリスニングエリアを算出するリスニングエリア算出部17と、リスニングエリアを表示するリスニングエリア表示部18とを備える。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT