加熱殺菌済みパスタソース

開放特許情報番号
L2015001368
開放特許情報登録日
2015/8/28
最新更新日
2015/8/28

基本情報

出願番号 特願2007-265026
出願日 2007/10/11
出願人 キユーピー株式会社
公開番号 特開2009-089678
公開日 2009/4/30
登録番号 特許第4856042号
特許権者 キユーピー株式会社
発明の名称 加熱殺菌済みパスタソース
技術分野 食品・バイオ
機能 食品・飲料の製造
適用製品 魚卵の食感に優れた加熱殺菌済みパスタソース
目的 魚卵を配合した加熱殺菌済みパスタソースにおいて、加熱殺菌を行っているにも拘わらず、魚卵の食感に優れた加熱殺菌済みパスタソースを提供する。
効果 魚卵を配合した加熱殺菌済みパスタソースにおいて、微粉砕化卵殻を配合することにより、加熱殺菌を行っているにも拘わらず、魚卵の食感に優れた加熱殺菌済みパスタソースを提供できる。これにより、卵殻の有効利用、および魚卵を配合した加熱殺菌済みパスタソースの需要の拡大が期待される。
技術概要
 
魚卵を配合した加熱殺菌済みパスタソースにおいて、平均粒径1μm以下の微粉砕化卵殻を配合する加熱殺菌済みパスタソース。
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 キユーピー株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT