符号化装置、復号装置及びプログラム

開放特許情報番号
L2015001346
開放特許情報登録日
2015/8/27
最新更新日
2015/8/27

基本情報

出願番号 特願2011-082856
出願日 2011/4/4
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2012-222401
公開日 2012/11/12
登録番号 特許第5739714号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 符号化装置、復号装置及びプログラム
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 符号化装置、復号装置及びプログラム
目的 異なる種類の直交変換を複数併用する際に、直交変換タイプの識別子を用いることなく、直交変換タイプを予測し、符号化効率を向上させる。
効果 直交変換タイプの識別子を用いることなく、直交変換係数列から直交変換タイプを予測し、必ずしも識別子を符号化する必要がないから、符号化効率を向上させることができる。
技術概要
入力した信号に対して複数の異なる直交変換を併用し、前記複数の直交変換のうちの1つの直交変換により生成した直交変換係数列を、符号化信号として出力する符号化装置において、
前記直交変換係数列に対し、前記複数の異なる直交変換に対応した逆直交変換をそれぞれ行って復号信号を生成し、それぞれの前記復号信号と、それぞれの前記復号信号に隣接する復号済みの信号との間のそれぞれの隣接差分量を求め、それら前記隣接差分量に基づいて、直交変換タイプを予測し、予測した結果を前記符号化信号の一部とするとともに、該予測結果または前記直交変換係数列の生成に使われた1つの直交変換の識別情報に基づいて、前記複数の復号信号のうちの1つの復号信号を選択する直交変換タイプ予測部を備えたことを特徴とする符号化装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT