間引きフィルタ及びプログラム

開放特許情報番号
L2015001342
開放特許情報登録日
2015/8/27
最新更新日
2015/8/27

基本情報

出願番号 特願2011-024388
出願日 2011/2/7
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2012-165203
公開日 2012/8/30
登録番号 特許第5683307号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 間引きフィルタ及びプログラム
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 間引きフィルタ及びプログラム
目的 原画像を間引きフィルタ処理し、間引きフィルタ処理後の画像を復元フィルタ処理して原画像に復元する画像処理において、復元に適した間引きフィルタ処理を実現可能な間引きフィルタ及びプログラムを提供すること。
効果 間引きフィルタの帯域を、入力画像信号の局所的な画像特性の違い等に適応させることができるから、復元に適した間引きフィルタ処理を実現することができる。また、繰り返し演算が不要になり、高速実行が可能となる。
技術概要
入力画像信号を間引きして出力画像信号を出力する間引きフィルタにおいて、
前記入力画像信号について局所的にフィルタの帯域を判定する帯域判定手段と、
前記帯域判定手段により局所的に判定されたそれぞれの帯域にて、前記フィルタを設定するフィルタ設定手段と、
前記フィルタ設定手段により設定されたフィルタを用いて、前記入力画像信号を間引きして出力画像信号を出力するフィルタ手段と、
を備えたことを特徴とする間引きフィルタ。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT