話速変換装置及びプログラム

開放特許情報番号
L2015001339
開放特許情報登録日
2015/8/27
最新更新日
2015/8/27

基本情報

出願番号 特願2010-232822
出願日 2010/10/15
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2012-088392
公開日 2012/5/10
登録番号 特許第5723568号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 話速変換装置及びプログラム
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 話速変換装置及びプログラム
目的 話速の変化量に応じてこれらの物理量も適切に制御することにより、“聞こえの不自然さ”を改善する話速変換装置及びプログラムを提供すること。
効果 入力音声の単位時間当たりの基本周波数の変化量やパワーの変化量を保つようにして、話速変換を行えば、従来の話速変換方式で、話速をゆっくりにした場合に生じていたメリハリのないだらけた感じの喋り方になったり、話速を速くした際に生じていた切迫したとげとげしい感じの喋り方になったりすることを避けることができる。
また、基本周波数の変化量やパワーの変化量に制限を設けることで、音質の劣化を抑えることもできる。
技術概要
話速変換装置100は、入力音声について区分した各区間について所定の倍率で時間伸縮を施す時間伸縮部122,124と、入力音声について区分した各区間における基本周波数の変化量を算出し、該変化量を基に、前記時間伸縮した各区間の音声に対して基本周波数を変換する基本周波数変換部206,208及び/又はパワーを変換するパワー変換部306を備える。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT