撮像レンズユニット機器

開放特許情報番号
L2015001336
開放特許情報登録日
2015/8/27
最新更新日
2015/8/27

基本情報

出願番号 特願2010-088865
出願日 2010/4/7
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2011-221183
公開日 2011/11/4
登録番号 特許第5690076号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 撮像レンズユニット機器
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 撮像レンズユニット機器
目的 リアルタイムで映像に特殊効果を施すことができ、レンズユニットの交換により着脱する必要がない撮像機器を提供すること。
効果 撮像レンズユニット機器は、デフォーカスや揺らぎなどの映像効果を光学的に得ることができ、撮影者が所望の映像効果をリアルタイムで得ることができる。また、従来の撮像機器の光学系の中に容易に組み込むことができる。
撮影カメラに波面制御機構の操作手段を設けた場合、カメラマンの手元で操作し易く扱いが容易となる。また、ユニットフレームに波面制御機構の操作手段を設けた場合、既存の撮影カメラに装着してそのまま使用することができる。
技術概要
撮像レンズユニット機器1は、被写体Wを撮影する撮影カメラ50に着脱自在に装着され所定のレンズ9を設けたユニットフレーム2の入射口から前記撮影カメラの撮像素子51までの光路中に配置される波面制御機構5を有する撮像レンズユニット機器であって、前記波面制御機構は、前記光路中に配置され波面制御面となる薄膜ミラー6と、この薄膜ミラーの裏面に当接して当該薄膜ミラーを凹面、凸面あるいは凹凸面に変形させる複数の押動凸部7と、この押動凸部のそれぞれを出没駆動させる駆動手段8とを備え、前記被写体の光の方向を前記薄膜ミラーで反射して前記被写体の光を前記光路に沿って送り出すことで前記被写体の光を制御する構成とした。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT