多孔質炭素材料の製造方法

開放特許情報番号
L2015001320
開放特許情報登録日
2015/8/19
最新更新日
2015/8/19

基本情報

出願番号 特願2013-140432
出願日 2013/7/4
出願人 国立大学法人九州工業大学
公開番号 特開2015-013767
公開日 2015/1/22
発明の名称 多孔質炭素材料の製造方法
技術分野 化学・薬品、無機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 多孔質炭素材料の製造方法
目的 比表面積の大きな多孔質炭素材料を得ることができる多孔質炭素材料の製造方法を提供する。
効果 本発明に係る多孔質炭素材料の製造方法は、植物からリグニンを溶出する工程と、リグニンを溶出した植物にリンおよび窒素のうちのいずれか一方または双方を含有する化合物を加えて炭化する工程を有するため、比表面積の大きな多孔質炭素材料を得ることができる。
技術概要
 
植物からリグニンを溶出する工程と、リグニンを溶出した植物にリンおよび窒素のうちのいずれか一方または双方を含有する化合物を加えて炭化する工程を有することを特徴とする多孔質炭素材料の製造方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT