2型糖尿病の治療及び/又は予防薬

開放特許情報番号
L2015001271
開放特許情報登録日
2015/8/11
最新更新日
2015/8/11

基本情報

出願番号 特願2014-165695
出願日 2014/8/18
出願人 学校法人同志社
公開番号 特開2015-063513
公開日 2015/4/9
発明の名称 2型糖尿病の治療及び/又は予防薬
技術分野 有機材料、食品・バイオ、化学・薬品
機能 材料・素材の製造、安全・福祉対策
適用製品 2型糖尿病の治療及び/又は予防薬
目的 糖尿病、特に2型糖尿病の治療及び/又は予防剤の有効成分を提供する。
効果 抗体がセレノプロテインPの細胞内への取り込みを阻害し、また、前記抗体が、細胞内におけるグルタチオンペルオキシダーゼの増加を抑制し、糖尿病、特に2型糖尿病の治療及び/又は予防剤としての有用である。
技術概要
主に肝臓で生合成される69kDa(362アミノ酸)の糖タンパク質であるセレノプロテインPの特定の領域(204〜261番目のアミノ配列内、好ましくは、204〜254番目のアミノ配列内、より好ましくは、204〜217番目のアミノ配列内)をエピトープする抗体。イムノグロブリン、F(ab’)↓2、Fab、Fv、scFv、テトラボディー及びミニボディーより選択される少なくとも一つの構造を有する前記抗体。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 学校法人同志社

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT