熱可塑性樹脂成形品の製造方法

開放特許情報番号
L2015001266
開放特許情報登録日
2015/8/11
最新更新日
2015/8/11

基本情報

出願番号 特願2013-059543
出願日 2013/3/22
出願人 学校法人同志社
公開番号 特開2014-185204
公開日 2014/10/2
発明の名称 熱可塑性樹脂成形品の製造方法
技術分野 有機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 熱可塑性樹脂成形品の製造方法
目的 竹炭や木炭などの炭粒子を用いるとともに、軽量で、低熱伝導性を有し、機械的物性に優れた熱可塑性樹脂成形品の製造方法を提供する。
効果 本発明の製造方法は、従来の物理発泡剤や化学発泡剤を用いて発泡させた成形品に比べ、引っ張り強度に優れたものとすることができる。
さらに、成形品に導電性を持たせることができる。
また、特に、竹炭粒子は、より安価に成形品を製造することができるとともに、他の炭粒子に比べても強度的に優れ、混練時や成形時において粒子自体の潰れがない。
技術概要
炭粒子を含む熱可塑性樹脂組成物を成形する熱可塑性樹脂成形品の製造方法において、成形前に炭粒子を吸湿状態にしておくとともに、成形時に熱可塑性樹脂組成物を炭粒子に吸着した水分が蒸発する温度まで加熱することを特徴とする熱可塑性樹脂成形品の製造方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 学校法人同志社

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT