メソポーラス金属酸化物の作製方法、及びメソポーラス金属酸化物形成のための補助剤

開放特許情報番号
L2015001260
開放特許情報登録日
2015/8/10
最新更新日
2015/8/10

基本情報

出願番号 特願2010-203896
出願日 2010/9/13
出願人 学校法人神奈川大学
公開番号 特開2012-056820
公開日 2012/3/22
登録番号 特許第5610341号
特許権者 学校法人神奈川大学
発明の名称 メソポーラス金属酸化物の作製方法、及びメソポーラス金属酸化物形成のための補助剤
技術分野 化学・薬品、無機材料、有機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 メソポーラス金属酸化物の作製方法、及びメソポーラス金属酸化物形成のための補助剤
目的 遷移金属にも適用することが可能な、新規なメソポーラス金属酸化物の作製方法を提供する。
効果 遷移金属にも適用することが可能な、新規なメソポーラス金属酸化物の作製方法が提供される。
技術概要
金属元素に配位可能な置換基を複数有し、複数のベンゼン環からなる下記一般式(3)又は下記一般式(4)で表される環状オリゴマーの溶液中に、加水分解性の金属化合物を加え、次いで前記加水分解性の金属化合物を前記溶液中で加水分解させて、加水分解物を形成させる加水分解工程と、
得られた前記加水分解物を焼成する焼成工程と、を含むメソポーラス金属酸化物の作製方法。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT