電子黒板

開放特許情報番号
L2015001259
開放特許情報登録日
2015/8/10
最新更新日
2015/8/10

基本情報

出願番号 特願2010-154038
出願日 2010/7/6
出願人 学校法人神奈川大学
公開番号 特開2012-018470
公開日 2012/1/26
登録番号 特許第5403625号
特許権者 学校法人神奈川大学
発明の名称 電子黒板
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 電子黒板
目的 教員と生徒または生徒同士の意思の疎通を円滑化することができる対話式の電子黒板の提供。
効果 投影画像又は表示部に、第一操作者からの書き込み情報を表示させることができるので、表示部の大きさを、主入力部を操作する第1操作者の身長に合わせる必要はなくなる。また、第1操作者は書込み情報の入力信号を受付ける主入力部のみを持てばよいので費用が安価になり、設置スペースもほとんど必要なくなる。さらに、第一操作者間の意思の疎通を円滑化することができる。
技術概要
第一操作者からの書込み情報の入力信号を受付ける一または複数の主入力部と、前記主入力部と信号授受可能に構成され前記主入力部からの入力信号を受け取った際、前記入力信号を処理して画像表示用の投影部又は表示部を制御する制御部と、を含み、前記投影部による投影画像又は表示部と前記主入力部とは縦横に連続する複数の仮想セルで区切られ、かつ前記投影画像又は表示部の前記仮想セルと前記主入力部の前記仮想セルとはその表示位置の対応関係を同じくして同数設定され、前記主入力部は何れの前記仮想セルを書込み開始位置にするかを第一操作者に指定させるための指定部を備え、前記指定部からの指定信号を受けて前記制御部は、その後、前記主入力部から入力される前記書込み情報に基づく画像を、前記指定された仮想セルから開始して順次隣り合う仮想セルへと所定タイミングで前記投影画像又は前記表示部に表示させる制御を実行する標準制御モードを備え、
前記制御部は前記主入力部からの前記入力信号の中断状態を監視するもので、前記所定タイミングは所定時間前記中断状態が続いたときであることを特徴とする電子黒板。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT