カーブミラー設置のためのシミュレーション方法及び装置

開放特許情報番号
L2015001246
開放特許情報登録日
2015/8/10
最新更新日
2015/8/10

基本情報

出願番号 特願2009-128288
出願日 2009/5/27
出願人 学校法人神奈川大学
公開番号 特開2010-277283
公開日 2010/12/9
登録番号 特許第5115863号
特許権者 学校法人神奈川大学
発明の名称 カーブミラー設置のためのシミュレーション方法及び装置
技術分野 情報・通信、土木・建築
機能 安全・福祉対策、機械・部品の製造
適用製品 カーブミラーの設置状態を検討するシミュレーション方法及び装置
目的 実際の交差点での設置を迅速且つ正確に行われ、新たなる設置のみならず、補修工事をする際に、最小限の交通阻害ですむカーブミラー設置のためのシミュレーション方法及び装置を提供する。
効果 交差点内への設置より先に、ディスプレー上に再現された交差点環境内にカーブミラーを設置し、水平位置、高さ、水平角、俯角を検証し、この検証結果を基に実際の交差点内への設置が迅速かつ正確に行われる。
交差点や道路に距離の目安となる路面模様を表示することから、鏡面に映る道路の距離がただちに認識される利点を有する。
技術概要
ディスプレー上に主道路と従道路との交差点環境を再現する工程と、その交差点内の所定の水平位置にカーブミラーを設置する工程と、
前記カーブミラーを所定の高さに、そして俯角を所定角に、カーブミラーの正面を交差点中心方向に向けて所定の水平角に設置する工程と、
従道路にあり、交差点にさしかかった車両を仮想し、その車両から主道路内の状況を鏡面内反射像を見て、中心に道路が映る、所定の視認距離を有する、死角がないようにカーブミラーの水平位置、高さ、水平角及び俯角を調節する工程とを持つことを特徴とするカーブミラー設置のためのシミュレーション方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT