高圧発生装置及びその圧力測定方法

開放特許情報番号
L2015001222
開放特許情報登録日
2015/8/10
最新更新日
2015/8/10

基本情報

出願番号 特願2010-222152
出願日 2010/9/30
出願人 学校法人神奈川大学
公開番号 特開2012-078148
公開日 2012/4/19
登録番号 特許第5652865号
特許権者 学校法人神奈川大学
発明の名称 高圧発生装置及びその圧力測定方法
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造、検査・検出
適用製品 高圧発生装置及びその圧力測定方法
目的 高圧発生装置の加圧室内の圧力測定を、加圧室内にルビー片を入れずに、ルビー蛍光シフト法よりも安価で手軽に行うことができ、かつ、必要な測定精度を安定かつ簡便に得る。
効果 本発明によれば、高圧発生装置の加圧室内の圧力測定を、加圧室内にルビー片を入れずに、ルビー蛍光シフト法よりも安価で手軽に行うことができ、かつ、必要な測定精度を安定かつ簡便に得ることができるという優れた効果が得られる。
技術概要
支持部材にそれぞれ支持された2つの加圧子間の加圧室内に試料及び圧力媒体を充填し、付勢手段によって該2つの加圧子に互いが近付く向きの付勢力を伝達することにより該圧力媒体を介して該加圧室内の試料に高圧を付与する高圧発生装置において、
前記2つの支持部材のうちの少なくとも一方の支持部材における加圧子を支持する加圧子支持箇所を中心に略対称位置にある複数箇所のひずみ量を測定するひずみ測定手段と、
該ひずみ測定手段が測定した前記複数箇所のひずみ量の平均値を、前記加圧室内の圧力を算出するための測定結果として出力する出力手段とを有することを特徴とする高圧発生装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT