水中油型乳化化粧料の製造方法

開放特許情報番号
L2015001189
開放特許情報登録日
2015/7/31
最新更新日
2015/7/31

基本情報

出願番号 特願平10-148611
出願日 1998/5/29
出願人 キユーピー株式会社
公開番号 特開平11-343212
公開日 1999/12/14
登録番号 特許第3778327号
特許権者 キユーピー株式会社
発明の名称 水中油型乳化化粧料の製造方法
技術分野 食品・バイオ、化学・薬品
機能 材料・素材の製造
適用製品 さっぱりした使用感を有し、しかも、油分のエモリエント効果を充分に発揮させ、肌荒れ改善効果に優れた新規な水中油型乳化化粧料の製造方法
目的 さっぱりした使用感を有し、しかも、油分のエモリエント効果を充分に発揮させ、肌荒れ改善効果に優れた水中油型乳化化粧料の製造方法を提供することを目的とする。
効果 従来の製造方法で得られ難かったさっぱりした使用感を有し、しかも、油分のエモリエント効果を充分に発揮できる水中油型乳化化粧料を提供できることから、乳化化粧料の使用拡大が期待される。
技術概要
水中油型乳化化粧料の製造方法において、該粗乳化物を単一のジェット流として噴射させ、対向して配置された底面で該ジェット流を方向転換させ、該ジェット流を包むように側壁に沿い逆流させることによって、該ジェット流と逆流との界面で発生する剪断力により該粗乳化物の微粒子化処理を施し、平均粒子径が200nm以下であり、かつ最大粒子径が700nm以下の乳化物を得る水中油型乳化化粧料の製造方法。
実施実績 【有】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 キユーピー株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT