エポキシ樹脂組成物

開放特許情報番号
L2015001173
開放特許情報登録日
2015/7/27
最新更新日
2015/7/27

基本情報

出願番号 特願平10-227707
出願日 1998/7/28
出願人 学校法人神奈川大学
公開番号 特開2000-044652
公開日 2000/2/15
登録番号 特許第3810218号
特許権者 学校法人神奈川大学
発明の名称 エポキシ樹脂組成物
技術分野 有機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 エポキシ樹脂組成物
目的 エポキシ基との硬化反応で水酸基を形成させず、電気絶縁特性などにすぐれた硬化物を与え得るエポキシ樹脂組成物を提供する。
効果 硬化時に水酸基を形成させないので、耐水性が良いばかりではなく耐熱性にもすぐれ、このため誘導特性などの電気絶縁特性にもすぐれた硬化物を与えることを可能とする。また、硬化物は、高濃度にして安定なリンを含有するので、それ自身難燃性を有する樹脂を形成する。
技術概要
 
エポキシ樹脂および下記一般式

[ここで、R↓1はビスフェノ−ル化合物結合(基)であり、R↓2およびR↓3はそれぞれ同一のまたは互いに異なるアルキル基、アリ−ル基、アラルキル基またはアルキルアリ−ル基であり、その一方は水素原子であり得る]
で表わされるビスフェノ−ル化合物ビスホスフィン酸エステルよりなるエポキシ樹脂組成物。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT