重付加共重合体およびその製造法

開放特許情報番号
L2015001172
開放特許情報登録日
2015/7/27
最新更新日
2015/7/27

基本情報

出願番号 特願平10-137764
出願日 1998/5/1
出願人 学校法人神奈川大学
公開番号 特開平11-315133
公開日 1999/11/16
登録番号 特許第3810213号
特許権者 学校法人神奈川大学
発明の名称 重付加共重合体およびその製造法
技術分野 有機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 重付加共重合体およびその製造法
目的 それ自身難燃性にすぐれたリン含有ポリエーテル型重付加重合体およびその製造法を提供する。
効果 エポキシ基のβ-β開裂のみが選択的に進行する重付加反応によって、ポリエーテル結合を形成せしめた重付加共重合体が提供される。この重付加共重合体の製造は、比較的温和な反応条件下で行うことができ、しかも得られた共重合体は、約1500〜200000、好ましくは約5000〜100000という高い数平均分子量Mnを有している。
汎用の有機溶媒に対する溶解性も良好であり、例えばクロロホルム、テトラヒドロフラン、非プロトン性極性溶媒に可溶性であり、アセトン、酢酸エチル、トルエンには膨潤する。
技術概要
 
下記一般式

[ここで、R↓1はビスエポキシ化合物残基であり、R↓2はビスフェノール化合物結合(基)であり、R↓3およびR↓4はそれぞれ同一のまたは互いに異なるアルキル基、アリール基、アラルキル基またはアルキルアリール基であり、その一方は水素原子であり得る]
で表わされる繰り返し単位を有し、1500〜200000の数平均分子量を有する重付加共重合体。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT