化合物、化合物の製造方法、並びに当該化合物を用いたポリマーの架橋剤及び方法

開放特許情報番号
L2015001168
開放特許情報登録日
2015/7/27
最新更新日
2017/9/27

基本情報

出願番号 特願2013-225420
出願日 2013/10/30
出願人 学校法人神奈川大学
公開番号 特開2015-086163
公開日 2015/5/7
発明の名称 化合物、化合物の製造方法、及び当該化合物を用いたポリマーの架橋剤
技術分野 有機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 ポリマーの架橋剤及び方法
目的 1分子中に複数個のホルミル基(又はケト基)を有する化合物と等価な反応性を有し、かつハンドリングが容易な化合物、及び前記化合物の製造方法の提供。
効果 化学的に安定なことからハンドリングが容易であって、かつ1分子中に複数個のホルミル基(又はケト基)を有する化合物と等価な反応性を備えた化合物、及びそのような化合物を製造する方法が提供される。
技術概要
下記式(1)で表される環状(篭状)アセタール化合物。

[R↑a〜R↑dは各々独立に、H又はアルキル基]少なくとも1つの水酸基がアラルキルオキシ基等で置換された糖化合物と、一級アルコールと、を含む溶液に、400〜600nmの範囲内に中心波長を有するパルスレーザーを照射して、式(1)で表される化合物の製造方法。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT