有機金属錯体並びに該錯体を用いた気体吸蔵物質、水素化反応用触媒及び水素化反応方法

開放特許情報番号
L2015001144
開放特許情報登録日
2015/7/27
最新更新日
2015/7/27

基本情報

出願番号 特願2003-030659
出願日 2003/2/7
出願人 学校法人神奈川大学
公開番号 特開2004-238347
公開日 2004/8/26
登録番号 特許第4415161号
特許権者 学校法人神奈川大学
発明の名称 有機金属錯体並びに該錯体を用いた気体吸蔵物質、水素化反応用触媒及び水素化反応方法
技術分野 有機材料、機械・加工
機能 材料・素材の製造
適用製品 新規な有機金属錯体、並びに、この錯体を用いた気体吸蔵物質、水素化反応用触媒、及び水素化反応方法
目的 ポルフィリン骨格を有する新規な構造を有するとともに、気体吸蔵物質や水素化反応用触媒として優れた活性を有する有機金属錯体を提供する。
効果 本発明の有機金属錯体は、ポルフィリン骨格を有する新規な構造を有するとともに、気体吸蔵物質や水素化反応用触媒として優れた活性を有することから、これらの用途に好適に用いることができる。また、容易且つ安価に製造でき、工業的にも有利である。
技術概要
金属原子及び該金属原子に配位結合した金属ポルフィリン構造を有する配位子より構成された、一般式(1)に示される2次元格子構造を繰り返し単位として有する様に構成する。

(一般式(1)中、M↑1及びM↑2は各々独立に、金属原子を表わす。R↑1、R↑2、R↑3、及びR↑4は各々独立に、M↑1にカルボキシル基で配位結合できる二価の有機基を示す。R↑5、R↑6、R↑7、R↑8、R↑9、R↑10、R↑11、及びR12は各々独立に、一価の有機基又は水素原子を表わす。)
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT