有機金属錯体を用いたガス吸着材

開放特許情報番号
L2015001142
開放特許情報登録日
2015/7/27
最新更新日
2015/7/27

基本情報

出願番号 特願平11-121183
出願日 1999/4/28
出願人 学校法人神奈川大学
公開番号 特開2000-309592
公開日 2000/11/7
登録番号 特許第4058579号
特許権者 学校法人神奈川大学
発明の名称 有機金属錯体を用いたガス吸着材
技術分野 有機材料、機械・加工
機能 材料・素材の製造
適用製品 新規なカルボン酸金属錯体及びその製造方法、ガス吸蔵材、ガス貯蔵方法及びガス貯蔵装置、ガス自動車
目的 安価であるとともに体積当たりのガス吸着能が高く、繰り返し特性の良好なガスの貯蔵技術を提供する。
効果 本発明のカルボン酸金属錯体はガス吸蔵材として有用であり、安価であるため、経済的なメリットが大きい。
本発明のガス吸蔵材は、メタンを主成分とするガスの貯蔵において、体積当たりの吸着量が多く、繰り返し特性が良く、常温条件下の加圧状態でガスを貯蔵することができる。
本発明のガス貯蔵装置によれば、本発明の吸蔵材の常温、加圧下におけるメタン吸着能を利用して、比較的小さい容積中に有効にガスを貯蔵することができる。
本発明のガス自動車は、容積当たりのガス貯蔵能が高いガス貯蔵装置を備えているので、構造上使用しやすい。
技術概要
〔式(1)中、Rおよびnは明細書に定義されたとおりである。〕で表されるカルボン酸から選択される少なくとも1種の化合物と、銅、ロジウム、クロム、モリブデン、パラジウム及びタングステンから選択される少なくとも1種の金属と、前記金属に2座配位可能な有機配位子を含むカルボン酸金属錯体。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT