溶融ガラスの電気化学測定に用いる酸化ニッケル/ニッケル参照極およびそれを用いた電気化学測定装置

開放特許情報番号
L2015001132
開放特許情報登録日
2015/7/9
最新更新日
2015/7/9

基本情報

出願番号 特願2013-241972
出願日 2013/11/22
出願人 国立研究開発法人日本原子力研究開発機構
公開番号 特開2015-102379
公開日 2015/6/4
発明の名称 溶融ガラスの電気化学測定に用いる酸化ニッケル/ニッケル参照極およびそれを用いた電気化学測定装置
技術分野 情報・通信
機能 材料・素材の製造
適用製品 溶融ガラスの電気化学測定に用いる酸化ニッケル(NiO)/ニッケル(Ni)参照極
目的 長時間安定した参照極電位が得られ、構造が簡単で、測定環境に適合した変更が可能なNiO/Ni参照極を提供する。
効果 長時間安定した参照極電位が得られ、構造が簡単で、測定環境に適合した変更が可能なNiO/Ni参照極およびそれを用いた電気化学測定装置を提供することができる。
技術概要
高温導電性材料からなる片閉管と、その片閉管内に装荷した酸化ニッケルを溶存または含有させた参照極ガラスと、その参照極ガラス内に一部浸漬したニッケル系金属極を備えたことを特徴とする溶融ガラスの電気化学測定に用いる酸化ニッケル/ニッケル参照極。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT