5−アミノ−2,4,6−トリヨードイソフタル酸誘導体のアセチル化方法

開放特許情報番号
L2015001092
開放特許情報登録日
2015/6/10
最新更新日
2015/6/26

基本情報

出願番号 特願2007-509085
出願日 2005/3/18
出願人 マナック株式会社
公開番号 WO2006/100731
公開日 2006/9/28
登録番号 特許第4801661号
特許権者 マナック株式会社
発明の名称 5−アミノ−2,4,6−トリヨードイソフタル酸誘導体のアセチル化方法
技術分野 化学・薬品
機能 材料・素材の製造
適用製品 有機化合物中間体
目的 本発明は、5−アセトアミド−2,4,6−トリヨードイソフタル酸又はその誘導体をより簡便で、安全に高い収率で製造することを課題とする。
効果 本発明にしたがって有機溶媒中でアセチル化を行えば、安全に高収率、高純度で、ろ過という簡単な操作によって5−アセトアミド−2,4,6−トリヨードイソフタル酸誘導体を製造することが可能であり、該誘導体は容易に乾燥でき、大量の廃液処理の必要がなくなる。
技術概要
 
5−アミノ−2,4,6−トリヨードイソフタル酸誘導体を酸触媒の存在下、無水酢酸を用いて有機溶媒中にてアセチル化を行う。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 マナック株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT